妊娠 えごま油

えごま油で妊娠しやすくなるってホント?
Line

えごま油で妊娠しやすくなるってホント?


えごま油で妊娠しやすくなると言うのは、ホントです。

えごま油に含まれるのが、オメガ3系αリノレン酸と言う脂質。

この脂質は体内で作る事ができない為、食事などから摂取する必要があります。

けれど、普段から私たちが口にしている脂質は、オメガ6系のコーン油やごま油、マヨネーズといったもので、これらの脂質は体の酸化を進行させる、と言われています。

反対に、オメガ3系の脂質は血栓予防や血流改善の効果が期待でき、体の酸化を防いでくれるのです。

体の酸化を防ぐ事は、老化の進行を遅らせる事ができますので、卵子の老化も防ぐ事ができますね。

妊娠しやすくなる為には、卵子の質は重要なポイントとなります。

つまり、えごま油を積極的に摂取する事で、妊娠に繋がると言う事になるのです。

妊娠しやすくなる為に、普段から食事内容に注意されている方も多いと思いますが、使っている油にも、気を配るようにしてください。

Line

妊娠しやすくなる為の上手なえごま油の摂り方ってある?


妊娠しやすくなる為の上手なえごま油の摂り方は、あります。

まず、えごま油の摂取量ですが、多ければ多いほどいい、といった事は全くありません。

えごま油は、あくまでも油ですので、やはり量を摂り過ぎると健康に影響してしまいます。

1日の目安量としてぇあ、小さじ1杯程度で十分だとされていますので、それ以上は摂らないようにしてください。

また、えごま油は熱に弱く、加熱してしまうと効果がなくなってしまう油です。

その為、そのままの状態で食べるようにしてください。

おすすめは、ドレッシングとして野菜にかけたり、豆腐にかけたり、納豆に混ぜたりしても美味しいですよ。

どうしても、えごま油のクセが気になるようでしたら、お味噌汁の中に入れても大丈夫です。

熱に弱い油ですが、お味噌汁程度の温度であれば、効果がなくなる事はありません。

Line

えごま油以外で妊娠しやすくなる油ってある?


えごま油以外で妊娠しやすくなる油は、あります。

えごま油はオメガ3系αリノレン酸ですが、同じようにオメガ3系の油としては、亜麻仁油やシソ油などが挙げられます。

つまり、えごま油と同じように亜麻仁油やシソ油を摂取しても、血栓予防や血流改善の効果が期待できる、と言う訳ですね。

えごま油が売り切れてしまっている場合には、亜麻仁油やシソ油を購入するようにしてください。

ただ、注意しなければならない事があります。

それは、えごま油と同じようにこれらの油も特に酸化しやすく、熱や光に弱い油となっています。

その為、保存場所は冷暗所で、できれば冷蔵庫で保存して、2ヶ月以内には必ず消費するようにしましょう。

Line