妊娠 子宮

子宮は温めた方が妊娠しやすくなるってホント?
Line

子宮は温めた方が妊娠しやすくなるってホント?


子宮は温めた方が妊娠しやすくなると言うのは、ホントです。

子宮が冷えていると、それだけで生殖機能が低下してしまいます。

また、女性の体調不良の原因は子宮にあるとも言われていますので、妊娠には大きく関係してしまいます。

その為、妊娠しやすくする為に、子宮を冷やさない事が重要です。

女性は特に、冷え性の方が多い為、その事によって子宮も冷えてしまいます。

子宮だけではなく、子宮周辺、骨盤周辺を温めるようにしてください。

Line

妊娠しやすくなる為に子宮を温めるにはどんな方法がある?


妊娠しやすくなる為に子宮を温めるには、次のような方法があります。

・入浴
・ウォーキング
・食生活の改善
・サプリ

子宮を温める効率的な方法は、血液の循環をよくする事です。

血流がよくなると、それだけで体全体を温める事ができますので、おのずと子宮周辺も温める事ができます。

血液の循環をよくする為には、お風呂にゆっくり浸かる事が最も効果的です。

普段からシャワーで済ませているような方は、是非入浴する習慣をつけるようにしてください。

筋力をつける事も、子宮を冷やさないようにする為には重要な事です。

いきなり運動を始める事は難しいと思いますので、最初はウォーキングから始めてみて、徐々に運動量を増やすようにしましょう。

食生活の改善も効果的です。

体を温めてくれる食べ物を摂取すると、体温を高く保つ事ができます。

冬が旬な食材の多くは体を温めてくれますので、積極的に食べるようにしてください。

反対に、果物や夏野菜などは、体を冷やす食材が多いので注意が必要です。

マカなどのサプリも、ホルモンバランスを整えて体調をよくしてくれます。

妊娠しやすくする為には、サプリを活用するのもひとつの方法ですね。

Line

子宮筋腫と妊娠って関係ある?


子宮筋腫と妊娠には、関係があります。

通常の子宮筋腫であれば、良性の筋腫ですので経過観察として、妊娠にもほとんど影響しないとされています。

けれど、問題なのが、大きくなってしまった筋腫や、その筋腫ができている場所です。

筋腫が大きくなってしまうと、子宮の形が悪くなったり、子宮が硬くなったりします。

そうなると、せっかく受精しても受精卵が子宮に着床しにくくなり、流産といったリスクが発生するのです。

また、精子や受精卵の通り道である卵管や卵管口付近に腫瘍があると、それだけで不妊の原因となります。

子宮筋腫があるから妊娠できない、といった事は全くありません。

ただ、妊娠しやすくなる為には、子宮筋腫が見つかったらその大きさと場所に、注意するようにしてください。

Line