妊娠 コーヒー

妊娠しやすくする為にはコーヒーは飲まない方がいい?
Line

妊娠しやすくする為にはコーヒーは飲まない方がいい?


妊娠しやすくする為には、コーヒーは飲まない方がいいでしょう。

コーヒーに含まれているカフェインには、体を冷やす効果があります。

つまり、コーヒーを多く飲んでいる女性は、その中に含まれているカフェインによって体が冷えて、妊娠しにくくなっているかもしれないからです。

また、1日にコーヒーを5杯以上飲んでいる女性は、不妊症のリスクが約45%もアップする、との研究結果もあります。

その為、妊娠しやすくする為には、コーヒーは控えた方がいいのです。

ただ、どうしてもコーヒーがやめられず、それがストレスになる方もいると思います。

そのような場合は、1日に1〜2杯であれば問題ないでしょう。

カフェインを摂り過ぎないようにする事が、重要です。

Line

妊娠しやすくなるコーヒーがあるってホント?


妊娠しやすくなるコーヒーがあると言うのは、ホントです。

具体的には、コーヒーはコーヒーでも、全くカフェインの入っていない「たんぽぽコーヒー」がおすすめ。

たんぽぽコーヒーは、その名前の通りたんぽぽの根を主成分としています。

たんぽぽの根の成分には、女性ホルモンの分泌を促進して、ホルモンバランスを整える効果があるとされています。

また、体を温める効果も期待できます。

不妊の原因として、ホルモンバランスの崩れや、体の冷えなどが挙げられていますね。

つまり、普段からホルモンバランスが崩れて生理不順だったり、排卵異常だったり、また体の冷えを感じていたりする女性の場合、毎日たんぽぽコーヒーを飲む事で、少しずつ妊娠しやすい体に近づく事ができるのです。

たんぽぽコーヒーは、コーヒーと名前がついていますが、実は妊娠を望んでいる女性にとっては、とても効果的な飲み物だったのです。

Line

男性がコーヒーを飲んでいると妊娠に影響する?


男性がコーヒーを飲んでいても、妊娠に影響します。

理由は、1日に3杯分以上のカフェインを摂取してしまうと、精子の染色体異常のリスクが高まる、との研究結果があるからです。

ただ、この件に関しては、まだ研究段階ですので、カフェイン摂取のせいでハッキリと精子の染色体に異常が出た、とは言い切れないようです。

その為、そうなるリスクがある、と言う程度でいいので、必ず覚えておきましょう。

もちろん、男性はコーヒーだけに注意すればいい、と言う事ではありません。

他にも、カフェインが含まれている飲み物には、緑茶や烏龍茶、玉露、抹茶、ココア、コーラーなどが挙げられます。

これら全てを飲まないようにする事は、かなり難しいと思います。

けれど、妊娠しやすくする為には、コーヒーに換算して1日2杯程度に抑える努力も必要でしょう。

Line