妊娠 低体温

妊娠しやすくする為には低体温じゃダメ?
Line

妊娠しやすくする為には低体温じゃダメ?


妊娠しやすくする為には、低体温じゃいけません。

平均的な体温とは、36度から37度の間だと言われています。

けれど、最近の若い女性の場合、平熱が35度台と言うのも珍しくないようですが、これが低体温です。

低体温であると言う事は、常に体が冷えている状態である、と言う事です。

つまり、全身の血液の流れが悪くなっているのです。

妊娠しやすくする為には、まず血液の流れをよくする事が重要です。

血液がスムーズに全身に流れる事によって、妊娠に必要な栄養素が十分に子宮や卵巣に届くようになります。

また、下半身の冷えを解消して子宮周辺が温かくなる事によって、妊娠機能も上昇します。

妊娠しやすくする為には、まず低体温を改善させる必要がありますね。

Line

妊娠しやすくする為に低体温を改善させる方法ってある?


妊娠しやすくする為に低体温を改善させる方法は、あります。

まず、普段から運動不足だと言う方は、軽い運動から始めてみましょう。

体を動かさないと、おのずと筋肉の量が落ちてしまいます。

筋肉量が少なくなると、熱を発生させる事ができなくなり、体温も下がってしまいますので、体温を上昇させる為には筋肉をつける事が重要なのです。

いきなり筋トレは難しいので、簡単にできるウォーキングなとは如何でしょうか?

余裕があれば、ジムに通ってみるのもひとつの方法です。

また、普段から体を締め付けるような下着や洋服を着ている場合も、注意が必要です。

体が締め付けられると自然と血流が悪くなりますので、体温も下がります。

オシャレも大切ですが、妊娠を一番に考えているのであれば、ゆったりとした服装を心掛けるようにしましょう。

Line

低体温でも妊娠しやすくなる可能性ってある?


低体温でも妊娠しやすくなる可能性は、あります。

低体温だから体が冷えていて、生殖機能も低下しているから妊娠できない、といった事はありません。

低体温の女性でも、妊娠して無事に出産されている方は、たくさんいらっしゃいます。

それでは、低体温でも妊娠しやすくする為には、どうすればいいのか?

まずは、子宮周辺を重点的に温めるようにしてください。

下半身を温める事は大切ですが、それ以上に子宮の周りを温める事は、妊娠機能をアップさせる事につながります。

カイロなどを利用して、常に温かくするようにしましょう。

また、子宮を温かくしてくれる漢方の利用もおすすめです。

優しく体に作用しますので、漢方は妊娠を望んでいる女性にピッタリです。

副作用の心配もありませんので、安心して飲み続ける事ができますよ。

Line