妊娠 薬

妊娠しやすくなる薬ってある?
Line

妊娠しやすくなる薬ってある?


妊娠しやすくなる薬は、あります。

もちろん、その薬を飲めば必ず妊娠するような、魔法の薬ではありません。

不妊の治療などで使用される、排卵誘発剤と言われている薬が、そのひとつです。

排卵誘発剤は、簡単に言うと卵を育ててくれる薬で、排卵がなかったり、排卵しづらかったりする場合に処方されます。

また、卵巣の働きを活性化させる効果も期待できますので、その事により生理の周期が整い、排卵のタイミングも分かりやすくなります。

卵子もしっかりと育ちますので、おのずと卵子の質もアップします。

これで、妊娠しやすくなる、と言う訳ですね。

排卵誘発剤は、排卵に異常がある場合だけではなく、原因が分からなくて妊娠できない、といったケースでも処方される事があります。

それは、卵巣の働きをよくする事で、妊娠しやすい状態にさせる事ができるからです。

薬と聞くと抵抗があるかもしれませんが、より妊娠に近づく為の薬として覚えておくといいでしょう。

Line

花粉症の薬を飲んでいたら妊娠に影響ある?


花粉症の薬を飲んでいても、妊娠には影響がないとされています。

けれど、やはり花粉症の薬でも、心配ですよね。

そんな時は、病院できちんと花粉症の薬を処方してもらいましょう。

病院で処方される薬は、市販されている花粉症の薬とは、成分が異なっているものが多々あります。

つまり、先生に妊娠を希望している事を伝え、それでも安心して飲める花粉症の薬を処方してもらえばいいのです。

また、目薬だったら問題ないと思われるかもしれませんが、目薬でもその成分が全身に回ってしまうものがあります。

その為、目薬であっても、病院で処方してもらった方が安心です。

妊娠しやすくなると思って、花粉症の薬を諦め症状に苦しんでいては、ストレスがたまって反対に妊娠しにくくなってしまいます。

妊娠の為に、花粉症の症状を我慢する必要はありません。

妊娠に影響のない薬を、きちんと処方してもらいましょう。

Line

薬の副作用で妊娠しない可能性はあるの?


薬の副作用で妊娠しない可能性は、もちろんあります。

当然ですが、ピルの影響はとても大きいです。

以前ピルを飲んでいて妊娠する為に止めた場合、ホルモンバランスが崩れている可能性があります。

また、持病によって長い期間薬を服用している場合も、医師に確認しておく必要があるでしょう。

もちろん、だからと言って全ての薬を飲んではいけない、といった事はありません。

風邪薬や頭痛薬程度であれば、ごく短期間の服用ですので、全く問題ないでしょう。

ただ、妊娠しやすくする為には、薬も医薬品ではなく、漢方薬を利用される事をおすすめします。

漢方薬であれば、副作用の影響の不安はありません。

その際、自分で判断して漢方薬を購入するのではなく、きちんと専門医に相談してから選ぶようにしてくださいね。

Line